エキサイトアニメ
川本成の、Blig'n 坊や(ブロークンショウネン)

川本成(かわもとなる)

  • 1974年7月13日生
  • O型
  • 鳥取県出身
プロフィール

欽ちゃん劇団1期生として在籍。1994年“あさりど”結成。
主な出演番組としてTV「笑っていいとも!」9代目いいとも青年隊、「王様のブランチ」他、その後もTV・ラジオ・舞台に多数出演。
現在はTV「スタイルプラス」へのレギュラー出演や、アニメ「テニスの王子様」(河村隆)、「獣の奏者エリン」(ヌガン)、『遊戯王デュエルモンスターズGX』(オースチン・オブライエン)、『遊戯王5D's』(太郎)他で声優として活躍の場を広げ、舞台では『小堺クンのおすましでSHOW』、『冒険者たち』、『abc★赤坂ボーイズキャバレーSpin Off「裏」』他、また自ら 『時速246億』(2007年~)を主宰し、定期的かつ精力的に舞台をプロデュースしている。
そしてヴォルコフノーマン(ロックパフォーマンスグループ)のヴォーカルとしても活躍し、現在不定期でライブを行いCD・アルバムも出している。2010年には『稲妻フェスティバル2010』等にも出演している。
2009年9月~12月にNHK教育で放送された「3か月トピック英会話ハートで話そう!マジカル英語塾」のDVDが発売中。
また、2011年7月「時速246億」vol.05の上演が決定している。

リンク
GOODS

お知らせ

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
テニフェス3
キャップと瓶は最高です。
最高のバカヤローです。

リハーサルが何日か行われる中で、色んなユニット、学校ごとリハーサルとかを経て、テニフェス全体を含め、一番最後の日、一番最後のリハーサルがキャップと瓶でした。

歌とか、ダンスとかは音確認や振り確認なんて感じでリハーサルが読めるんですが、キャップと瓶のリハはリハーサルがいざ始まるまで何も決まってないし,スタッフさんも誰もわかってなかった(笑)

なんとなしに、キャップと瓶コーナー『おまかせ』みたいな感じで。
逆に言うと,ここはキャップと瓶さんにまかせよう。と思ってくれているみたいで,ありがたい事です。もっと逆に言うと,あいつら変にこだわりあるからメンドクセーから勝手にやってもらおうと(笑)ウソです。スゴくなんだか尊重してくれて、せっかく武道館ですし、もう好きに楽しくやっちゃいましょうよ、っていってくれてね。


青学リハ終わって、キャップと瓶とスタッフさん残って、さあ、どうしよ、みたいな。


そっから,怒濤のコント作り(笑)歌うたえよ!
みんなでアイデア出し合うというよりは、みんなで悪ふざけエスカレートし合う感じで、気がついたら3時間経過、みたいな。あはは。

もうヤングさんなんか,汗だくですよ。

やりながら、なんでこのリハーサルが一番最後なんだと笑ってました。
むしろ一番最初にやるべきリハだろ、なんていいつつ。

まあ、でもテニフェスリハーサルのトリが最高にくだらなくてゲラゲラ笑いながら、汗だくで馬鹿な事してるキャップと瓶と言う事が、嬉しくもあり、これが俺たちの10年だコノヤローという感じでね。

何しろ日本武道館でいかにして悪ふざけをしようかしか考えてない。

最高です。

本番は楽しかったですねえ,何しろ。
武道館でスリッパの音響き渡ったのはあとにも先にもないかもしれないです。

キャップと瓶は最高なのです。

b0144870_216965.jpg

[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-30 21:06 | Trackback | Comments(30)
テニフェス2
茄子の話をしましょうか。
 
もともとさかのぼるとテニフェス2009のリハーサルの時です。
リハーサル終わりで,僕は次の現場に移動って時に、ユキさんと一緒に稽古場を出てね。途中まで一緒に移動してて。また一緒にデュエットしたいねえなんて話になったの。
もともとは不二アルバムのデイズオブモーメントとか河村アルバムの渚のインビテイションとかね、何度かデュエットして,イベント等で歌ったりもしたんですがね。
ちょっと久々にいいね、なんて、まあ雑談程度にしていた訳だ。そんときはね。


テニフェス2009はまたスゴかったね。100曲のときよりもさらにパワーアップは言うまでもないんですが、やっぱりなにがって、ライバル心ですよ。

それぞれ学校ごとのカラーがガッチリ出たのもやっぱり2009の時だったからね。
リハーサルでもなんかいい意味でお互い触発でね。まあ、その雰囲気が今回のテニフェスにも通じて行く訳なんですがね。



まあ、色々あって2009の本番が終わり、直後、有明コロシアムの出口出た所で、ゆきさんと「よし,絶対やろうよ!」ってなったのが茄子の始まりです。その場で、某Pに「やりたいのでヨロシク」って強引にお願いした(笑)

今にして思うとまあ、他校の雰囲気やパフォーマンスがまた素晴らしく良かったんで悔しかった(笑)また例の悪い癖、メラメラとね。いや、青学はナンバーワンなんですが(これも悪い癖)

よし,絶対にステージで歌う事を想定したグループで、盛り上がる曲を歌いたい!って、また負けん気モードで。

まあそんなこんなで、2009の公式打ち上げのパーティーの会場で僕らだけ別テーブルで打ち合わせしてました。

まあそんときに産まれたのが『一不二二タカ』だった訳ですよ。で、チーム名は茄子だと。

70年代風の曲,ハモリ、ダンスのコンセプトまでそんとき話してた。気が早すぎる。

だから、先日の武道館は長い長い構想と願望を経て、理想が現実になった瞬間でもあったわけで、実はもの凄い気合いが入っていたし、感慨深いものでもありました。

振り付けの時も、振り付けのうーちゃんが正に思い描いていた雰囲気をつけてくれて、(お分かりだと思いますが70年代スーパーアイドル2人組のオマージュ)いや、想像以上のものにしてくれて「もう,絶対がんばる!、絶対盛り上げよう!喜んでもらおう!」って。


衣装については、はい。作りました(笑)
これもだいぶ前から絶対作ろうね、って。

とりあえず色んなコンセプトがあったんですが、最終的には、不二と河村が学園祭で歌ってる雰囲気と、(学ランっぽいでしょ)曲は70年代なんだけど、ちょっとパンクっぽい雰囲気を入れて、現代ミクスチャーって感じ。

12月から親友のデザイナーさんを交えて、本気制作しました。
みんなで、素材を買いに行ったり、生地まで選んだ。ハッキリ言って,誰にも頼まれてないのに頭がおかしいんです(笑)
ここをこうしよう、とかここに青学の青を入れようとかね。

制作してくれたNちゃん、Yちゃん本当にありがとう!

そんな訳で、非常に贅沢な想いで、あの歌を歌う事が出来ました。年月とか熱さとか,労力とか、ホントにいろいろな想いが巡った。

2階のステージから踊りながら,歌いながら、客席のペンライトがスゴいキレイだったなあ。


皆さん喜んで頂けてたら幸いです。

また,どこかであの衣装を解禁出来ると嬉しいな。
そんな機会が出来たら,嬉しくてもう一着作っちゃう(無限ループ)
b0144870_23534531.jpg

[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-27 23:54 | Trackback | Comments(50)
テニフェス
終わりました。あっという間でした。

昨日は朝までなんだか打ち上げして、妙に気持ちよくて、酔って,笑って、声枯れるほどに馬鹿な話して,余韻に浸ってました。

なんか眠さとか、お酒とかの心地よい気分で家に帰ってバタンキューで、気付いたら今日のお昼。

はー。終わってしまったんだなあ。


日本武道館。

なにから書こうか。
言い出したらきりがないくらいだからどうしよう。




まさか本当に日本武道館に立てるとは思いませんでした。今だって、昨日の事が夢だったんじゃないか、ホントは全て夢だったんじゃないか、なんてフワフワ思う訳です。

いつだったろう。前回テニフェス2009の直後にこの話が現実化するかもしれないって話が上がって。まさかねえ,と思ってましたが。

だんだん、現実味を帯びて行く中、昨年夏頃には「よっしゃ、やったるで武道館!」と。
やっぱり、ビートルズやボウイや矢沢がこだわる日本武道館に立てる事。テニプリで立てる事。
ホントに半年以上かなあ、武者震いの様なワクワクと高揚感で過ごしてきました。
なんだか武道館の事を考えると,走りに行きたくなったり、体作りで筋トレ始めたり。
ソワソワしてました。

テニプリ10年という節目で、聖地武道館。

10年かあ。

稽古の段階から色んな事思いました。
やっぱり9人が揃うとぐぐっと引き締まるし、嬉しくて嬉しくてしょうがないの。

青学のメンバーは特別です。
かけがえがなさ過ぎる。


小野坂さんがツイートしてましたが、僕ら喧嘩したりもした事もありました。


いろいろ、言い合った事もあったし、とにかく熱く熱くやってたら10年経ってました。

ステージ上で思いました。「やっぱりこのメンバーに出会えて本当に良かった。」
一人一人青学のメンバーの顔観るとね、ホント泣けて来ちゃうの。
素敵で、馬鹿で、おふざけが過ぎて、色々あって、信頼出来て、頼もしくて、涙もろくて、みんなすぐ泣いちゃって。

前も言ったかなあ。まだいまだに「なんでオレここにいるんだろう。こんな素敵な所の一員になれているんだろうか?」と思う事があります。なんか不思議な気持ちになる事があるんです。

出会えなかったらどうなってたんだろうとは考えない事にしてますが、出会えて良かった。出会えて良かった。出会えて良かった。
誰ひとり欠けてもダメなんです。あのメンバーで青学なんです。

色んなイベントもやったなあ。入学式とか庭球祭とか結構昔の話なんだよな。
映画やった時もみんなで何班かに分かれて全国に飛んだし。

テレビ放送が終わるって聞いた時みんなで泣いたなあ。


もう,会えなくなっちゃうのかなあ。と。





それこそ『freedom』じゃないですけどこの時が永遠に止まればいいと思ってました。
この最高の瞬間はもう訪れないんじゃないか、今が止まればいいのにな。と。

でもね、テニプリはその「この時が止まればいい」瞬間がまた訪れるの。毎回毎回おもうけど、毎回また訪れるの。そうやって気付くと10年が経ってたの。
ホントに幸せです。

次の目標がやってくるたびに、また青学に会える!また青学で一緒にいられる!またバカやれる。って一喜一憂してきました。今もしてます。いつだって会いたいメンバーなんです。


b0144870_21583337.jpg




もちろん青学だけじゃないですよ。テニプリで出会えた皆さんが好きすぎて、最高すぎて。
今回また再認識したんですがね、何故この人達素敵なんだろうかと思ったら、それはやっぱりみんな「負けず嫌い」なんですね。役者さんどうしの負けず嫌い感が半端じゃないの。稽古するでしょ。
学校ごとに稽古してるから、全体リハーサルの時までお互いどんなパプォーマンスするのか知らないんですがね、他の学校がいいパプォーマンスすると、突然思い出したように振り付け確認を始めだしたり、ニヤリと笑ってメラメラしだしたり。なんだか他の学校に負けられない、って。

根本的にそういう人達は、仕事に対して真剣だろうし、素敵に決まってる訳ですよね。

それでいて、その性格や精神がテニプリ原作のキャラクターなんかとダブってくるんだなあと。

すごい人数が出演してるんですけど、みんな最高なんです。大尊敬なんです。


そんな、みんなで武道館やれた事嬉しく思う訳です。




そして皆さんがたちっぱなしで3時間以上、声をからして声援を送ってくれた事、遠くから来てくれた事、この為に仕事してお金と時間をを捻出してくれたこと。
一人一人の顔見えましたよ。声届きましたよ!ありがとうありがとう。

とりあえず書く事沢山ありすぎるので、あの場所までの話とか茄子の話とか、チョイチョイして行きます。



嬉しくて嬉しくて、みんなにありがとうとひとりひとりに言いたいです。
[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-24 21:58 | Trackback | Comments(97)
明日
来るべき時が来てしまいました。

思えばこの話を最初に耳にしたのはいつだったかしら。
ホントに前回テニフェス2009の直後からじわじわとだったと思います。

まだ半信半疑というか、本当に実現するのか、夢の様な話だと思ってました。


本格決定してからも、まだまだ先の事だと、その日はホントにやってくるのかしらと。


ついに、明日に夢が現実となります。

日本武道館という場所は昔から,伝説が作られる場所です。
そして伝説はみんなで作るものです。

一緒に、語り継がれる伝説をつくりましょ。

武道館揺らしちゃいましょう。


楽しみで楽しみで、ソワソワしております。
[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-21 20:43 | Trackback | Comments(32)
事務所からのお知らせです!
2010年8月22日にSPACE107にて行われましたイベント「ブレイクスルーJAPAN Tシャツ寄席」がBS-TBSにて放送されます!

1月21日(金)27:00~27:30 BS-TBS「Tシャツ寄席」
【出演】川本成・宮下雄也・平田裕一郎・Kimeru・オレノグラフィティ・長谷川哲朗・
    鯨井康介・ねこマジ(井関佳子・白神直子・南方美智子)
【構成】井関佳子

皆様ぜひご覧ください。
[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-12 18:29 | Trackback | Comments(4)
事務所からのお知らせです!
舞台出演のお知らせです。

水木英昭プロデュースvol.11「SAMURAI挽歌~房州幕末編~」
【脚本・演出】水木英昭
【音楽】高木茂治
【殺陣】剱伎衆かむゐ
【パフォーマンス指導】筑紫寿楽(博多金獅子太鼓)
【出演】宮本大誠/戸谷公人
    飯田圭織
    入絵加奈子

    山本崇史(PaniCrew)
    佐伯太輔
    相澤一成
    原育美
    大橋光
    ひとし

    島口哲朗(剱伎衆かむゐ)
    福田高士(剱伎衆かむゐ)
    亀井理那
    林美帆
    宇野真由美
    熊谷莉沙

    川本成(時速246億)

    水木英昭

    津田英佑

【日時】3月15日(火)19:00
    3月16日(水)19:00
    3月17日(木)19:00
    3月18日(金)19:00
    3月19日(土)14:00/18:00
    3月20日(日)14:00/18:00
    3月21日(月・祝)13:00/17:00
【会場】全労済ホール スペースゼロ
【料金】前売5,300円 当日5,500円(税込・全席指定)
【チケット発売】1月22日(土)
【チケット取扱】電子チケットぴあ/ローソンチケット/e+/ 
        スペース・ゼロチケットデスク/水木英昭プロデュース
【お問い合わせ】水木英昭プロデュース
         TEL 03-5761-5937 MAIL mizu-pro@mizu-pro.com
【企画・制作】水木英昭プロデュース http://www.mizu-pro.com/

水木英昭プロデュースHPにてチケット先行予約が行われます!
(先行予約受付期間 1月15日(土)0:00~17日(月)23:59)
皆様ぜひご利用下さい!
[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-10 12:14 | Trackback | Comments(4)
事務所からのお知らせです!
BS日テレで流れていました、ヴォルコフノーマン出演の「BS日テレ十周年CM」が現在BS日テレHPよりご覧いただけます!
見れなかった方はぜひぜひ下記URLよりご覧ください!

http://www.bs4.jp/10thanniv/artist.html
[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-07 15:43 | Trackback | Comments(2)
無事
無事に仕事始めも終わりまして、今年も本格始動という感じです。

まずは1月の大仕事、そう、武道館なのだ。
うわ、気がつけばあと2週間で本番なのか。わー、しいらない。

考えると、緊張とワクワクが止まらない!ロマンチックが止まらないッ!

楽しみすぎておもらししちゃウッ!

って事で、がんばります。
とりあえず、青学ジャージをクリーニングに出そう。

年末年始はとにかく飲んでしまったので、体をしぼるべく、運動しなければ。
モンハンの中ではギャンギャン走り回ってるんですが、実際走らないとカロリーは消費しないみたいなので、実際走ろう。

しかし、モンハンですよ。
3日前まで、なんてめんどくさいゲームなんだ、と思ってました。もうやあめた、という風で,ポイとする所でした。「みんなでやると面白いんですよ」と,何人もの人に言われました。かたくなに拒否していた僕は「ひとりでやってよく分からんゲームが、みんなでやってオモロい訳がない」と、哲学めいた事を吹いていました。あの頃の自分よ、ばかあ。

実際、半ば無理矢理引っ張りだされて一緒にプレイしたらね。ああ、面白い。

むーん。

しまったああ。面白かったあ。

僕は人見知りならぬ、モンハン見知りをしていたのね。


モンハンシャイボーイです。シャイハンターです。

結局みんながハマる理由は、コミュニケーションツールだからなのね。

みんなで一緒にやるゲームはアイスクライマーで止まっていたので、つぶし合いだと思っていましたがモンハンは協力プレイの面白さですね。

結局今の時間までやってしまったので、もう寝なきゃなのです。
いかんね、一人暮らしでゲームにハマると。

止めてくれる人がいないからね。

昔はね、延々ドラクエやってて、お母さんに、もうやめなさい、なんていわれてね、「まって、教会まで行くからまってえ」なんて偽クリスチャンめいた訳の分からん事を連呼していた気がします。

25年くらい経っても人は変わらん。むしろ、ヒドくなってるかもしれないね。
[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-07 03:22 | Trackback | Comments(10)
あけましてホントおめでとうございます!
2011年になっちゃいました。

2010年はまた、ホントに皆さんにお世話になった年でございました。
舞台や、イベントや、ステージなんか、皆さんの貴重な時間と、一生懸命働いたお金を頂いて、本当にありがたい話です。

一つ一つ、ガッチリ、しっかり、きちんとしたものを作って、表現して行く事で皆さんに楽しんでもらうべくこれからもがんばって行きたいと思います。

2011年もみなさんに沢山喜んで頂くべく、がんばって行きたいと思います。



さて、ここで突然発表!

3月に舞台が決定しました!

3/15〜21「水木英昭プロデュース第11回公演」スペースゼロ

I LOVE JOKERS や一昨年の12月のハムレットでもお世話になりました、水木さんのプロデュース舞台に参加させていただきます!
詳細は、徐々に発表していきますね!


そして


6月1から5日
シアターサンモールにて

「タイトル未定」

どんな舞台かって?素敵なメンバーです。ヒント少なすぎですね。
ひとつ。
おととしの夏覚えてますか?




そしてそして



川本成主宰、
b0144870_13523549.jpg
時速246改め、時速246億!最新公演決定!


日程は 7/26〜31!!!!


「時速246億vol.05」タイトルはまだ未定です。


場所は赤坂RED/THEATERです!




出演者発表!


鷲尾 昇!

飯野雅彦!

今回も心強いお二人よろしく!

そして



細谷佳正!



他、出演者交渉中!前回に引き続き、クレイジーなオムニバス作品を予定しています。
さて、どんな舞台になりますか!
[PR]
by naru_kawamoto | 2011-01-01 13:52 | Trackback | Comments(17)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
казино попол..
by roulette10 at 06:04
絶對高潮カプセル:htt..
by 西班牙昆虫粉 at 17:25
絶對高潮カプセル:htt..
by 西班牙昆虫粉 at 17:25
蒼蝿粉:http://w..
by 蒼蝿粉 at 17:18
五夜神:http://w..
by 巨人倍増 販売 at 17:17
絶對高潮カプセル:htt..
by 蟻王 at 17:16
Have you eve..
by ニコン カメラ at 15:55
Hey there! I..
by 価格 デジカメ at 15:55
Superb post ..
by ケイトスペード バッグ at 06:55
Hmm is anyon..
by ケイトスペード 店舗 at 13:42
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

©copyright 2001-2011 Hagimotokikaku Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright © 1997-2011 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム